破産宣告の方法を徹底解説!※破産宣告で失敗しないために必読

破産宣告の方法を徹底解説!※破産宣告で失敗しないために必読

破産宣告の方法を徹底解説!※破産宣告で失敗しないために必読

借金が膨らみ、返済出来なくなった時に行う最終手段が自己破産の申立です。
自己破産の方法ですが、裁判所に自己破産の申立を行う事になります。
自己破産の申立を受けた裁判所は、借金の金額や収入、資産価値のある財産などから破産宣告するかどうかの判断をします。
5年以内に借金の返済が無理だと判断されれば、裁判所は破産宣告をします。
勘違いしがちですが、この時点では借金の返済責任は無くなっていません。
この後、免責が認められないと借金は無くならないのです。
中には、悪質な方が居て何度も借金をし、自己破産を繰り返す方がいるのです。
そういった悪質な方には、破産宣告はされても、免責が認められないケースもあるのです。
破産宣告がなされ、更に免責が認められると借金の返済責任は無くなります。
自己破産の申立の方法については、弁護士など法律のプロに任せるのが一番です。
個人で行うには、複雑で難しい面もあります。
勿論、弁護士などの依頼すると依頼料金がかかります。
大体相場は、30万円前後と言われていますが、弁護士事務所によってかなり差があります。
中には、10万円程で手続きを行ってくれる弁護士事務所もあります。
まずは、法テラスなどの無料相談を利用して、料金や自己破産の方法など相談してみましょう。
国が設置した無料相談機関の法テラスの他にも、大手の弁護士事務所などでも無料相談を実施しています。
また、口コミでは、依頼料金や評判の良い弁護士事務所などが掲載されていますので、参考にしましょう。