破産宣告の費用はどれくらい?【破産宣告をしようか考えている人へ】

破産宣告の費用はどれくらい?【破産宣告をしようか考えている人へ】

破産宣告の費用はどれくらい?【破産宣告をしようか考えている人へ】

借金を棒引きにし、生活を再建するために裁判所で自己破産宣告を受けようとしても、それには費用が必要となるのです。
破産宣告を受けるのに必要となる費用は、裁判所に要する費用と弁護士に支払う費用です。
法律上は、自分で処理をすべて行い、裁判所に自己破産を申し立てることはできなくはありません。
しかし、裁判所がらみの手続きを、法律に詳しくない一般人が行うというのは、あまりに現実的ではありません。
費用がかかっても、弁護士に依頼するほうが、円滑に事が進みます。
専門家に頼んだほうが、時間や手間が飛躍的に少なくて済むからです。
裁判所にかかるものとしては、収入印紙代が1,500円、予納郵券代が借り入れている会社の数により3,000円~15,000円、同時廃止の場合の予納金が10,000円~30,000円です。
なお、同時廃止とは、処分すべき財産もなく、免責が認められない事由もない場合、破産宣告と同時に破産を終結させる手続きのことを指します。
自己破産の場合、9割り近くは同時廃止事件となっています。
弁護士費用は、かなり大きな開きがあって、簡単に平均的な数字を出すことは非常に難しいです。
事案の内容や難易度によっても違います。
また、弁護士事務所が都内の一等地で自社ビルを持っているところとか、メディアを通じての宣伝活動を熱心に行っているところですと、高額になる傾向があります。
ごく大雑把に言って、同時廃止事件で20万~30万円といったあたりが平均値になります。
平均の数字にとらわれることなく、ストレートに弁護士に費用を確認してみることが大切です。